納豆を食べると美肌になる?効果とおすすめの食べ方

納豆には多くの栄養があり、健康によい食べ物として親しまれています。

 

 

ですが、納豆の効果は、健康だけではありません。納豆に含まれる栄養素には、美容効果を発揮してくれるものも多いのです。まず、納豆は食物繊維が豊富なため、腸の環境を整えるという効果があります。腸内環境が悪化して悪玉菌が増えると、そこから毒素が発生し、肌に悪い影響を与えてしまいます。しかし、納豆の食物繊維は、悪玉菌を減らして、逆に善玉菌を増やすことができます。

 

 

 

そうなれば毒素もなくなり、腸の正しい働きを維持できるため、肌荒れなどを改善できるのです。また、食物繊維は、体内の不要なものを吸着しながら排出されるため、デトックス効果もあります。そそして、女性ホルモンである「エストロゲン」によく似た働きをする、「イソフラボン」も多く含まれています。これは、ホルモンのバランスを保つことができるため、やはり肌によい効果が期待できます。

 

 

他にも、精神的なストレスを軽減するという働きがあり、イライラなどを抑えるためにも役立ちます。美容にストレスは大敵なので、これも嬉しい効果と言えます。また、肌のトラブルと言えば、「ビタミンB2」の働きも重要です。これが不足してしまうと、皮脂のバランスを維持することができなくなり、シミやニキビなどが発生してしまいます。しかし、ビタミンB群が多い納豆を食べて、ビタミンB2の補給をしっかり行えば、そうしたトラブルを防ぐことができます。

 

 

これは、肌の再生を促すことにもなり、健康で美しい肌を保つには欠かせないものです。このように、納豆は美容によい効果を多くもっていますが、これらの効果をしっかり得るためには、注意すべきこともあります。それは、「熱いごはんの上に乗せない」ということです。実は、納豆の栄養素には熱に弱いものが多いので、熱いものと一緒に食べると、美肌効果がうまく出ません。

 

 

納豆は熱いごはんと食べた方が美味しそうではありますが、美容のためには、なるべく避けるべきなのです。また、食べる前によくかき混ぜるようにすると、納豆菌が増えて、栄養をより多く摂取することができます。できれば50回くらいはかき混ぜてから食べると、美肌効果が高まるでしょう。