老化の原因、活性酸素を増やさないために

女性なら誰しも、歳をとりたくないものですよね。

 

最近肌に元気がない、潤いが無くなってきた、などの悩みも年齢を重ねるごとに多くなってくると思います。
しかし過ぎる時間は止められない…でも、老化防止なら出来るのです!

 

今回は老化防止に効果的な成分とメカニズムをまとめたいと思います。

 

老化の原因とは?

 

ずばり人間が老化してしまうのは「活性酸素」が原因です。

 

酸素と聞くと体に良さそうなイメージがあると思うのですが、活性酸素というのはいわゆる「酸化」であり、つまりは「サビる」ことを意味するのです。
この活性酸素は少量だと体に良い働きをするのですが、多くなると体の細胞まで攻撃してしまうのです。

 

活性酸素を多くしてしまう原因としては「ストレス」や「紫外線を浴びる」ことや「喫煙」などが挙げられます。まったく運動をしない習慣でも溜まりやすいといわれていますが、反対に激しい運動をし過ぎても活性酸素が増える原因となります。

 

活性酸素を増やさないためには?

 

老ける原因となる活性酸素を増やさないようにするには「抗酸化物質」のある食材や成分を摂取することです。
この抗酸化物質が、必要以上に細胞を酸化させないようにバリヤーを張ってくれる役割となるのです。

 

抗酸化物質を含む食べ物は?

 

有名なものですと果物類に含まれている「ビタミンC」や、ナッツや大豆などに多く含まれる「ビタミンE」が抗酸化物質を豊富に含んでいます。
この2つのビタミンは「若返りのビタミン」などと呼ばれるほど、老化を防いでくれる役割をしてくれます。

 

そしてほかにも抗酸化物質として有名なのは赤ワインやココアに含まれる「ポリフェノール」や、緑茶に含まれている「カテキン」そしてトマトの「リコピン」などがあります。
これらの食材を意識して摂取することによって、体の中の老化を穏やかにすることが出来るのです。

 

もちろんこの食材だけを食べるのではなく、バランスの良い食生活と、軽い運動などの生活習慣も見直すように心がけましょう。
いつまでも若々しくいられるように「活性酸素」を増やさないように生活したいですね。