夏の毛穴の黒ずみもスッキリスベスベにする方法!

夏は汗や皮脂が活発に分泌されて、毛穴が開きやすいため、毛穴汚れもたまりやすくなってしまいます。
毛穴にたまった汚れが酸化してしまうと黒ずみになってしまって、清潔感のない肌に見られてしまいます。

 

毛穴汚れの原因は皮脂だけではありません。

 

チェック

 

夏は紫外線が強いですから、いつも以上にメイクを重ねていて厚塗りになっている場合があります。
また、汗でメイクが落ちないようにと、ウォータープルーフタイプのメイク用品を使う機会も増えてきます。

 

これらのメイクがしっかりと落とせていないと毛穴に汚れが詰まってしまって、黒ずみを作ってしまいます。

 

まずはベースメイクが厚くならないように注意して、コンシーラーなどを上手く活用して肌のアラを隠して、ファンデーションなどは薄めに塗るようにしましょう。
メイクの最後にパウダーを乗せるだけでも、皮脂による化粧崩れを防ぐことができます。

 

また、ウォータープルーフタイプのメイク用品を使っているなら、専用のリムーバーで落とすようにしましょう。
普通のクレンジング剤では落としきれないため、汚れが肌に残ってしまいます。

 

また、スキンケアで保湿不足になっていると、肌が乾燥して皮脂が過剰に分泌されて、毛穴に詰まりやすくなります。
べたつく夏はつい乳液やクリームなどを省きたくなりますが、エアコンや紫外線など肌を乾燥させる要因がたくさんあるので、べたつかない化粧品でしっかりと保湿をするようにしましょう。

 

メイクやクレンジング、洗顔や保湿を見直すだけでも、毛穴の黒ずみ対策には有効です。
毛穴に汚れをためないことを基本として、夏の毛穴ケアを行うようにしましょう。

 

スキンケアだけでなく、身体の内側からもケアすることがスッキリスベスベの秘訣です。

 

私はコラーゲンとアミノ酸が豊富なすっぽん小町というサプリを飲んでスベスベの肌を維持しています。芸能仁も多く愛用しているサプリですので、一度飲んでみてください♪
出典⇒すっぽん小町の口コミとお試し価格の特典付き販売ページ

 

ニキビ跡が茶色いシミになるのは、メラニンの生成が影響

 

ニキビが治ったけれど、シミができてしまった経験がありませんか。これはニキビ跡の色素沈着です。
ニキビ跡が茶色いシミになるのは、メラニンの生成が促されたからです。

 

アクネ菌が繁殖してニキビが悪化し炎症が起こると、アクネ菌を殺菌するために活性酸素が発生します。活性酸素はアクネ菌を殺菌しますが、それだけでなく肌細胞も傷つけます。活性酸素が発生すると、肌を守るためにメラニンが生成されるのです。
これは紫外線を浴びたときにメラニンが生成されるのと同じです。紫外線から肌を守るためにメラニンが生成されています。

 

ニキビ跡の色素沈着は、美白化粧品を使ったホームケアで改善する可能性があります。改善には継続が必要なので、根気よく続けましょう。

 

美白化粧品に含まれる成分は、目的によって選びます。すでできてしまった色素沈着には、ビタミンC誘導体やハイドロキノンが働きかけます。これからできる色素沈着を予防する成分には、ビタミンC誘導体、ハイドロキノン、トラネキサム酸、カモミラET、コウジ酸、エラグ酸などがあります。

 

化粧品は洗顔をして清潔にしてから使用します。使用する順番は、化粧水、美容液、乳液またはクリームです。最初に油分を含む乳液やクリームを使用すると、後から使う化粧水の浸透が悪くなるので、一番目に化粧水を使用します。与えた水分を乳液やクリームの油分でフタをします。気になる部位には、美白成分を配合したクリームをポイント使いするとよいでしょう。
美白化粧品の使用とともに行いたいのがピーリングです。ピーリングには古い角質をはがしてターンオーバを促す働きがあります。ターンオーバーが促されることで、メラニンの排泄が促進されます。また、ゴワゴワと固い角質が取り去られることで美白成分の浸透がよくなる働きもあります。
ピーリング化粧品には、化粧水、ジェル、石けんなどがあります。いずれもAHAやサリチル酸が配合されています。やりすぎると肌の力が低下するので、週に1回までの使用にしましょう。